2011年12月13日

黄レンジャー


iStock_000017860967XSmall.jpg


1年半ぶりにパキスタン、ラフォールに来ています。

久しぶりのカレーに感激、朝、昼、夜にカレーを食べまくっています。

おやつもカレーです。(冗談)

タンザニアにいたときはあだ名が黄レンジャーでした。 (同じ年齢の男の友達が2人いて、彼らは桃レンジャーとミドレンジャーと呼ばれていました。)

でも食べ過ぎていてお腹がすこしいたいです。

今日はこれからプレゼンをします。学生が沢山来るようなので、すこし未来の教育の話をしようと思っています。
主催者側から頼まれていることと、すこし違うのですが、、

明日の朝にはバンコクに戻ります。


すみません、くだらない内容で、、本日もブログをお読みいただきありがとうございます。










posted by ichiro at 11:33| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

JICAの識字プロジェクト ビデオ!



友人からビデオリンクが届きました。JICAの識字のプロジェクトのものです。パキスタンの識字センターやNon formal Educationの様子がよく映されています。

ご参考まで、


posted by ichiro at 16:53| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

どうして


iStock_000012547997XSmall.jpg


どうして、次から、次と、こんなことばっかり、、。

先週、パキスタンの旅客機(カラチ発)がイスラマバード近郊に墜落しました。近郊といっても数十キロ離れているわけではなく、直線距離で数キロ、目の前です。

ニュースを聞いて、すぐにメールを送りました。カラチーイスラマバード間は国連スタッフもよく利用しています。以下のメールが返答されてきました。

Yes, we are all safe.

Actually we were at staff meeting at that time and we heard the noise of the plane which was flying very low.  

We were all shocked when listened the big noise of plane.  After we came back to our seats, we heard that the same plane was crashed in the Margalla hills which are in front of F/7.

Unfortunately, all passengers 152 found dead.

Yesterday was a sad day for Pakistan.

Best regards,

そして、今は歴史上なかったような洪水で、1000人以上が犠牲になってしまっています。300万人以上の人の生活に影響を与えています。300万人とは広島県の人口の数です。

http://www.cnn.co.jp/world/AIC201008020001.html

そして、カラチでは住民同士(民族間)の衝突。これは血を血で洗う戦いです。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100803-OYT1T01029.htm

ご存知のようにテロとの闘いは依然として続いています。

度重なる、災害、災難、惨事は国を強くするのか、国をバラバラにしてしまうのか、、



ラベル:パキスタン
posted by ichiro at 09:48| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

あなたの事務所は爆破されました。

一昨日の22日のことです。事務所に午前中いませんでした。会議のため12時にUNICEFに直接いくと、銃をもったセキュリティガード(警備員)がいいました。

「あなたはUNESCOのスタッフですか?」 警備

「はい」 自分

「UNESCOがいま爆破されましたよ」警備

はぁ?」 自分

「今すぐ電話してみてください」 警備

ええええええ!」 自分


半分パニックでスタッフに携帯電話をかけてみました。どうやら爆破されたわけではなく、消化器が爆発して跡形もなく、吹っ飛んでいました。

爆発したときにスタッフの一人がその近くを歩いていて、軽傷でしたが病院に運ばれました。

外の壁に設置されていた消化器が、このところ数日続いた太陽の灼熱で爆発したようです。

事務所の中にいたスタッフは、すごい爆発音の後に、傷ついたフタッフのうめき声を聞きました。スタッフ全員が震えながらこう思いました。「テロリストがきた」

女性スタッフは泣き出し、男性スタッフは何もできずオロオロしながら、銃声か次の爆発音がないことをひたすら願っていました。

自分が事務所にいたらどうしていただろうと思いました。かなりビビクリまくったことは確かです。

以下の写真は爆発した消化器がついていた壁、消化器の破片はどこにも見つからないとか、、、。

IMG00160-20100621-1421.jpg

下の写真は同じ型の消化器です。みんなはずして欲しがっています。だれも近くによりたがりません。

IMG00159-20100621-1420.jpg


いつもお読みいただきありがとうございます。

読売新聞の友人によると、明日の読売新聞にケータイ電話識字教育の記事が載るそうです。



posted by ichiro at 15:00| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

終わらない戦い


iStock_000010922825XSmall.jpg


パキスタンから海外に届くニュースは過激派と政府や米軍の戦いだと思います。

しかし国内で、同じくらいニュースになり、国民を揺るがしているのが、「Target Killing」のニュースです。関連記事が毎日新聞でみつかります。

このTarget Killingは何かというと、民族間の抗争です。その極端な例はルワンダ・ブルンジの大量虐殺です。

パキスタンには4つの州があります。
  1. Balochistan (province)
  2. Khyber-Pakhtunkhwa (province) 以前はNWFPと呼ばれていました。
  3. Punjab (province)
  4. Sindh (province)
この他に3つのエリア
  1. Tribal Areas
  2. Azad Kashmir
  3. Gilgit-Baltistan
テロとの戦いが主に行われているのが、州の1と2、エリアの2でアフガニスタンと国境に位置しています。

そして、いまTarget Killingが激しくなっているのが州の1のBalochistanと4のSindhです。Balochistanには主に2つの民族(バロチ、パシュトーン)がいて、それ以外の民族を狙って殺戮が繰り返されています。

国連も激しく非難されていて、現在すべての事務所を閉鎖して、渡航不可になっています。ドライバーが殺されて国連のアメリカ人スタッフが数カ月監禁されたのは記憶に新しいです。

カラチがあるのがSindh州です。ここではパシュトーンとパキスタン独立後インド側から移動してきた民族間の抗争が激しくなってきました。

民族、政党、軍部、テロ、インドーパキスタン、あまりに複雑に絡みあい、抗争につぐ抗争が起きています。

パキスタンの建国の父(写真)であるジンナーがのこした3つの言葉、
  • Unity 
  • Faith 
  • Discipline 


ジンナーさん、これほど今、国に大事な3つの要素はないと思います。

参考サイト
http://beta.thehindu.com/news/international/article434981.ece
http://www.onlinenews.com.pk/details.php?id=163330
http://en.wikipedia.org/wiki/Administrative_units_of_Pakistan



いつもお読みいただきありがとうございます。


posted by ichiro at 12:13| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

平和というものは鳥のようなものだ


iStock_000011217516.jpg


僕は、戦車、カラシニコフ、地雷を知っています。でも、「平和」というものがどんなものか知りません。

見たことがないからです。でも、他の人から聞いたことがあります。

僕はたくさんの武器を知っています。ほとんどの武器は、バザールや、街や、学校の壁や、家の前や、バスの中や、その他どこでも見られるからです。

「平和」というのは鳥のようなものだと教えてくれた人がいます。また、「平和」というのは運だと教えてくれた人もいました。でも、それがどうやってやってくるのかは知りません。

でも、「平和」が来ると、地雷の代わりに花が植えられると思います。学校も休みにならず、家も潰されなく、僕も死んだ人のことを泣くことがなくなると思います。

「平和」が来たら、家に帰るのも自分の家に住むのも簡単になると思います。銃を待った人が「ここで何をしている?」とか訊かなくなると思います。

「平和」が来たら、それがどんなものか見ることができると思います。
「平和」が来たら、きっと僕が今知ってる武器の名前を全部忘れてしまうと思います。(アフガンの10歳の少年)

この少年は、自分が何をしらないかを認識している。僕は自分が何をしらないかを認識できているだろうか。

カブール・ノート(戦争しか知らない子どもたち) 山本芳幸 著 

週末は読書に耽りました。カブールノートはもう10年ぐらい前に出されたものですが、今でも十分読み応えのある本です。

いつもこのブログにアクセスいただきありがとうございます。

posted by ichiro at 11:13| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

刺激


途上国生活はもう慣れたと思いつつも、いろいろな刺激に出会うことはまだまだ多いです。これらの刺激になるべく熱く反応しないように人間性を高めなくてはなりません。

友達とよく飛行機の中での刺激の話しになります。飛行機の中はとても狭く、プライベートな距離をちっとも保てないからです。

先日、飛行機にのって自分の席を探していました。席をみつけると、すでに座っている方がいます。
何度かチケットの席番号を確かめ、確認します。やっぱりそこが自分の席です。

自分「あのー、すいません。そこ僕の席だとおもうんですけど、、、」

その方余裕で「No Problem!

自分「それは、ぼくのセリフです。」


自分の席の横、元気な子供が座っています。ちょっと元気すぎてドタドタしています。すこし興奮気味です。

キャビンアテンダントからジュースをたくさんもらって飲み干します。飲み干したカップは彼のテーブルではなくて、自分のテーブルの上においていきます。


パキスタンの乗客の方、手荷物の大きさがハンパないです。席の頭上の荷物入れに無理やり押し込んでいます。

友人の頭上でなにかゴソゴソやっています。不安がよぎった、その瞬間スーツケース(小)が落ちてきます。頭と肩を激打。

友人「ううう、痛い

スーツケースを落とした方「It is not mine

そういう問題じゃないんだけど、、、友人は未だにムチ打ちが完治していません。
自分だったらから血が出ています、、、

飛行機を降りて、入国審査を終えます。スーツケースがすでに流れてきているのに、自分達のがなかなかきません。すると友人が彼のスーツケースに極めて似たやつをカートに積んでいるブルカを来た女性を遠くにみつけます。

カートで動こうとしている女性に近づいてたずねます。

友人「これは自分のスーツケースに似ているんですが、あなたのですか?」

女性「I don't Know

友人「、、、、、、これは僕のです」


刺激に出会ったときになるべく熱く反応しないように、、、。
iStock_000008922315XSmall.jpg


いつも読んでいただきありがとうございます。





posted by ichiro at 12:18| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

事務所一時閉鎖?


ブット氏が暗殺されたのは2007年12月。暗殺された場所はここイスラマバードから車で30分のところ。

車のルーフより身体を出し、たくさん集まった支持者に手を振っていた。そこで、爆弾が炸裂した。また、爆発の数秒前にブット氏の乗った車のすぐよこにサングラスをかけ、銃でブット氏を狙う男性が一人。銃弾のためブット氏のゆれる

銃弾が致命的だったと思われたが、暗殺のすぐ後のスコットランドが作成した暗殺の報告書では死因は銃弾でなく爆発と発表された。

前政権(軍)はイスラム武装勢力を首謀者とした。そして、ブット氏が所属していた政党が政権を2008年に握り、その夫であるザルダリ氏が大統領となり、国連に暗殺に関する報告書を作成を要請した。

iStock_000006858706XSmall.jpg


昨日、NYにてその報告書の内容が発表される予定であった。その発表の2時間前にパキスタンのザルダリ大統領から国連に発表を4月15日まで延期するように要請があった。発表は延期された。

暗殺は謎に満ちている。武装勢力ではなく、ブット氏と対立していた前大統領と軍部が関与していたのでは、またブット氏の家族の関与と疑う人も多い。数々の陰謀説がある。

この国連の発表に伴ない、パキスタンのすべての国連事務所は今日から金曜まで閉鎖の予定であった。報告書に特定の名前や組織がでていなくても、国連事務所への反発が予想されたからである。

パキスタンではブット氏の兄弟や、初代首相、他大統領も暗殺されているが、それらの暗殺の首謀者に関してはいまだに明らかにされていない。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100331/erp1003310821001-n1.htm


いつもおす。Image0235.gif 

人気ブログランキングへ



posted by ichiro at 12:28| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ブルカ


iStock_000010029175XSmall.jpg


ブルカとは、伝統的にイスラーム世界の都市で用いられた女性のヴェール(ヘジャブ)の一種。歴史的にはアラビア半島、エジプトやシリアで用いられた顔の覆いを指すが、現在の日本語の用法は主にアフガニスタンの女性が用いるものをさす。


テント状の布で全身を覆いイスラム教徒の女性が肌を他人に見せないようにし、顔の部分のみ網状になっており視覚を確保する。ターリバーンによるブルカ着用の強制という言説から、イスラームによる女性抑圧の象徴として扱われる。


しかしながらパシュトゥーン人の文化的・宗教的伝統や、乾燥した空気や強い日光から肌を守ると言う気候に対応した機能も当然持っており、そう言う面では女性を守る意味もあるため、ブルカ=女性抑圧と単純に断じるのは危険であるという主張もある。


また、全身を覆う理由として、男性の目から逃れる(性別の判別をつきにくくさせる)ためという説もある。(Wikipediaより http://ja.wikipedia.org/wiki/ブルカ)


iStock_000008713729XSmall.jpg


イスラマバードでもブルカをかぶられている方をみることがあります。パシュトゥーンの本拠地、北西辺境州(NWFP)やアフガニスタンではほとんどの女性が外出するときにブルカをされています。パシュトゥーンの方は写真みたいに緑色の目をされている方が多いです。


最初は見慣れないので、会話をするときに違和感がありました。でも、時折、目の力がとても強くて「目は口ほどに物をいう」ことわざがしっくりきました。


昔、映画「タイタニック」がこの地域でも大人気だったそうです。その時に、このブルカにデカプリオの顔の刺繍をすることが流行しましたが、即、政府から禁止されてしまったそうです。


デカプリオ、カッコよかったですからねぇ。


 

iStock_000009598702XSmall.jpg

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

ラベル:デカプリオ 刺繍
posted by ichiro at 11:56| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

子供の犠牲者


学校が爆破されて、犠牲者は9人(10人?)、3人の女の子が尊い命を失ってしまいました。この学校は以前に過激派に破壊されましたが、アメリカの援助とパキスタンの軍によって再建された学校のようです。爆破された昨日は開校式だったようです。

また、犠牲者のうち、外国人記者3名が含まれると最初に聞きましたが、実は記者ではなくアメリカ海軍兵士だったようです。

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2690667/5274596

開校日だったので、アメリカ援助団体のスタッフの護衛の為に兵士はいたのでしょうか?

下の動画を見る限り、学校やその辺りは大破しています。もしそこにたくさんの子供がいたとしたら、本当に子供の犠牲者は3人だけなのかな、と不安になります。

また、アメリカのドローンやパキスタン軍が行っている掃討作戦で関係のない子供や人がどのくらい犠牲になっているのか。



http://blog.with2.net/link.php?839217  (ブログランキング)
いつもお読みいただきありがとうございます。 (宮沢)


posted by ichiro at 11:53| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...