2008年03月08日

そうですこんなに簡単なんです。

教育開発の仕事をする上で教育統計につよいということはとてもいい武器である。
教育統計といっても重要なものはほとんど簡単な割り算なのでご安心を。就学率や識字率はその典型です。

その中でもすこし複雑に見えるものがあります。たとえば、ダブり率、ドロップアウト率、進級率や5年生までのサバイバル率、割り算ですがすこしややこしいところがあります。

そのへんをサッパリと楽々計算してくれるのがこれ (Internal efficiency.xls)、添付します。

1年生から5年生までの生徒数を2年分いれるだけです。このシートのいいところはそれらの率を計算してくれるだけでなく、その意味合いも明確にしてくれるところです。

これさえ使えれば、今日からあなたは教育統計マニアです。


posted by ichiro at 11:53| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...