2017年01月25日

STEM Toys by AMAZON???? アマゾンからの理科系おもちゃ!欲しい、、。

iStock_000003841916Large.jpg

先日、パキスタンにてNFEを促進する政府の方々が10数名うちの事務所にいらっしゃいました。
パキスタンの方の雰囲気や話し方がとても懐かしく思いました。どうしても国としてはゴタゴタしていますが、個々人の能力の高さには驚きます。
たくさんの授業やトレーニングがVisualベースになれば本当に効率が高いとおもいます。
Textベース(教科書や本)やAudioベース(聞く話す)では情報量に差がありすぎます。
効率的なコミュニケーションとしてはVideo主体にすべてなっていくのは当然の流れだとおもうのですが、いかがでしょうか?
いいですねーこういうの。STEM Toyで途上国の子供達も絶対理科や物理が簡単になるとおもいます。うちも頼んでみようかとおもいますが、子供用というより自分用になってしまうかも。
バンコクのInternational Schoolにて親たちからアンケートをとりました。「学業を高める他にどんな点を子供達に学んで貰いたいか」ダントツの1位はCompassion(同情や哀れみ)でした。沢山の親たちは子供達のCompassionを強くもつ子供になって欲しいと願っています。子供達が自分の友達のことを考えて、行動を起こせたら、そんな子供達で一杯になったらすごい社会になるでしょうね。
これまた、上の記事の真逆みたいな内容ですが、、、みんなが精密なウェアラブルをつけるようになったらいじめられている子供達はすぐにわかってしまうのでは、心肺やその動きで、、ウェアラブルにSOS機能もついてたりして、、。近くの人に連絡が入るような、、。大事なのはイジメている子供達の病んだ気持ちを癒やすことでもあるでしょう。

以上、ご参考まで!



posted by ichiro at 10:30| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育開発プロフェショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...