2016年12月12日

Empowering Children with Confidence is the Core!

iStock_000013865717XSmall.jpg

「お前みたいなやつはいくらでもいるんだ、」なんて教育システムが一人ひとりの子供に思わせているとしたらゾッとします。
「自分ってすごい」自己肯定感が大きく育てられる教育に勝るものはありません。
下のEdutopiaの記事もそうですが、魂のふるえる時間をどれだけつくれるでしょうか。
これはすごい!

1)地域に住む2千万円以上の年収の親の比率
2)地域に住む貧困層の比率
3)地域に住む大学卒業者の比率

この三つのデータでその地域・県の学習成績データがかなり確実に予測できてしまうそうです。
経済状態と親のバックグランド、教育指標が密接に繋がっているという例です。

、、、、、、うえのケースをPISAにApplyするとどうなるのでしょー。面白そうですね。
5億円以上出して、毎回PISAに参加する意味がなくなったりして、、。


また、教育の分野にもこの会社Litalicoは活動を広めていくようです。以下リンク先の本文より、

例えばLITALICOは、IT×ものづくり教室を提供しているが、発達障害の傾向があり、学校では1分も集中できない子どもが、4時間ぶっ通しでプログラミングに熱中するという。子どもの将来にネガティヴだった両親が、「才能を伸ばす」という目的に目覚めてポジティヴになる。驚くべき変化だ。

「障害は人ではなく、社会の側にある。個性に合った教育や仕事を提供できる社会、いわば“障害のない社会”は、みんなを幸せにする。AIがその力になると期待しています」(長谷川)

以上、ご参考まで!

ありがとうございます。

posted by ichiro at 10:51| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育開発プロフェショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...