2016年11月16日

AI の民主化?


iStock_000002833529XSmall.jpg

自分はKindle Limitedを使っています。定額でいくらでも本が読めるサービスです。一番いいのは無料でいくらでも読めるのがいいです。とくに子供や学生のためにはこういった無料サービスが拡がるのが大事です。英語のライブラリーですが、これがいろいろな国でいろいろな言語で拡がることを願っています。実際は著作権の問題などでなかなか進みません。
昨日のダンスの記事ですこし触れましたが、こういうのは素晴らしいですね。何のために学びをするのか目的を考えられるようになれば、なお素晴らしい。感謝やCompassion(人や社会を思いやる心)などが深まったり、、
Design Thinkingです!基礎教育で学ぶスキルとしてはこれからはMustになるでしょう。(なってほしい)
目的が定まったときの学びほど効率的なものはないですよね。目的がわからないまま勉強をつづけるとしたら、、、
いいですね。これで、自分の考えていることを会話形式で入力してもらうと、みんな本の著者になっちゃいますね。その会話を通じて更に考えが深まったり、広がったり、、。

Microsoft、AI開発でイーロン・マスク、ピーター・ティールらが後援するOpenAIと提携 | TechCrunch Japan
AIの民主化を目指すそうです。個々人がAIを使えるように。そうでなければ、世の中の不平等や格差がより大きくなってしまいます。

每朝、戯言ですみません。

ご参考まで!

posted by ichiro at 09:39| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育開発プロフェショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...