2013年05月07日

ブータン、、


タイムスリップ、ここはどこ、私は誰?の世界でした!

ブータンはそのくらいに街が文化と歴史に包まれたところでした。

2013-04-16 07.07.51.jpg
まずは山々の間を抜けて飛行機は空港に着陸しました。このブータンの航空会社の名前はDrukAir、Drukは龍を意味します。
ブータンの国旗にも印刷されるように龍は特別なシンボルです。

2013-04-16 07.08.28.jpg
これが空港です。こんだけです。飛行機を降りて、300メートル歩きます。

2013-04-16 08.21.35.jpg
空港は首都のThimphu(ティンプー)より車で1時間半ぐらいのところです。首都に向かいその途中、こんなお家がありました。

2013-04-17 12.10.53.jpg
街なかの5つ星ホテル、インドの会社の運営だそうです。ここには宿泊しませんでした。一度ランチをしましたが、なかなか美味しかったです。インドルピーや、ドルもそのまま使用可能です。


2013-04-17 13.20.26.jpg
ホテルの前にあったものです。手を中にいれてると、中にガラガラまわすものがあります。なんてよぶんですかねぇ。仏教に関連しているとおもいます。


2013-04-17 17.32.41.jpg
ホテルの壁などにはこんな絵がいたるところにあります。

2013-04-18 14.57.13.jpg
現在、山上に建造中のブッタです。Thimphuの標高は2000メートルを超えています。
そのThimphuの中でも高台に立つこのブッタは頭が雲についてしまうのでは、、と思わせるほど巨大でした。
強風で身体が飛ばされそうでした。

2013-04-18 14.59.09.jpg
これは、ブッタが建造中の場所からみるThimphuの街です。谷間の本当に小さな街でした。


2013-04-17 19.18.48.jpg
ブータンの服を着てしまえは、私の名前はクリリンです。誰も日本人なんてわかりません。
右は会社の同僚です。

2013-04-17 20.08.25.jpg
料理はこんな感じでした。真ん中が赤飯で、山の野菜がとても豊富です。結構チリが効いていました。
ブータンのチーズもなかなか美味しかったです。焼酎みないなお酒もあり、少々いただきました。
このレストランは雰囲気が独特で、ブータンの服を着ながら、時代劇に出演している気分になりました。


2013-04-19 09.32.21.jpg
帰国時、山間部でみつけた豪邸。

2013-04-19 09.38.55.jpg
こんな粘土のふるーい家もあり、谷間にこんな家をみると、これはジブリの世界でした。その他、川が本当に綺麗で感心しました。

、、、ブータンの教育ネタは明日の朝、、、

本日もブログにアクセスいただきありがとうございます。








posted by ichiro at 11:13| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。