2011年11月20日

アユタヤ洪水と学校


水が引いてきたというので、アユタヤのCommunity Learning Centerやその事務所、学校を見てきました。

建物が残りましたが、内部のものはほとんど全て失ってしまっています。本、書類、器具、家具、すべてすべてです。建物とゴミの山が残った感じです。損失を考えると気が遠くなりました。

IMAG1085s.jpg

以下は掃除がすこしされた後です。Non formal education centerのコンピュータルームでした。水位の高さがよくわかります。

IMAG1064.jpg

1ヶ月半以上、水にさらされた家具はフヤケてしまっていてもう使えません。

IMAG1091.jpg

過去、何十年の生徒の資料や事務所の書類はすべてこの様子。

IMAG1061.jpg

ここは裁縫を習う場所でした。器具はどれも使えません。

IMAG1071.jpg

こういった椅子もすべてもうゴミです。

IMAG1058.jpg

これはまだ水がすこし残っているLearning Centerです。水の中にすこし浸からないと中には入れません。思ったより匂いはありませんでした。

IMAG1106.jpg

水が引いたのは一部で、その部分では清掃等が始まっていますが、水はまだまだいたるところにあり、畑はまるで湖状態です。下の写真は普段は陸地のところです。

IMAG1111.jpg

学校に簡易トイレ(プラスチックの椅子に穴を開けたもの)を届ける予定でしたが、どの道からも乗用車ではアクセスできませんでした。もうすこし日が経過してからもう一度トライする予定です。

下の写真は海のようですが、道と畑があるべきところです。

IMAG1121.jpg


最後に、、

アユタヤはバンコクからは普段は車1時間半でいけます。しかし、間抜けなことに到着に8時間かかってしまいました。

行き方は幾つかあるのですが、情報収集不足で、ナビに頼りきり、まだまだ水が引いていない道に出くわし、バンコクに一度引き返したりしました。また正しいルートに来た時はものすごい渋滞でした。(行き帰り)


途中引き返そうとするも、泥にはまってしまい車は一度止まってしまいました。四駆の車、、、なのに、、。近くの優しいタイの人達が車を押してくれました。


一日で12時間以上運転したのは、きっと大学生の時のスキー以来です。



今日もブログにアクセスいただきありがとうございます。







posted by ichiro at 12:23| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっちゃん

こんばんわ。
北海道のこうちゃんです。
いつも興味深く記事を読ませてもらっています。

うーん、水位は維持、もしくは下がってきている
ようだけれども、復興の道のり、
なかなか平坦ではないね。

でも、タイの人は、自分のような外野の勝手な心配を
よそに、みんなしたたかに、
そしていつの間にやら元通りにしていくんだろうね。
(ナビは日本語だった!さすがタイ。)









Posted by こうちゃん at 2011年11月22日 00:56
こうちゃん。
コメントいつもありがとう。

新聞記者やメディアの人がいい写真を撮るのに困っているそうです。
洪水で困っている顔や苦悩の顔のタイの人を撮りたいそうなのですが、
朗らかな顔でこの洪水と直面している人が多いからだそうです。

これを聞いてタイはすごい文化の国だと思いました。

宮沢

Posted by 宮沢 at 2011年11月22日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。