2011年01月12日

Future of the United Nations



charts.png


去年に出されたレポートのようですが、すこし面白いものがありました。国連機関がどう認識されているかの調査です。3000人以上の方(9割は途上国)から質問票への回答をいただいたようです。

レポートはこちら。funds-report-april2010.pdf
このレポートを作成したのはスイスのジュネーブにあるThe Funds Projectというところです。http://www.fundsproject.org/

15ページの短いレポートですが、一番おもしろいと思ったのは上のチャートです。Y軸(上方向)は各国連組織が行っている事業が途上国の必要としている分野であるかどうか?X軸(右方向)は組織が効果的がどうかを示しています。WHO、UNICEF、UNAIDSがもっとも評価が高いです。

保健と教育分野での国連のサポートを途上国の人は最も望まれているようです。またそれらの分野にて国連としてもっとやれい!と期待されているのは以下です。

  1. 政策をつくる・グローバルなレベルでの交渉
  2. 技術サポート
  3. 国際会議を催す
  4. 啓蒙・アドボカシー
また、あまりにたくさんの国連機関がありますが、7割〜8割の方が2025年までにもっと数を減らせ、国連としてひとつにまとまるべきと考えられています。組織の非効率さや官僚的なところ、スタッフの雇用・配置が政治的なところががレポートの中で大きく指摘されています。

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。




posted by ichiro at 07:52| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国連改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...