2010年06月16日

次世代の政府?


スクリーンショット(2010-06-16 6.58.33).png

世界の政府の借金を足し合わせると約3000兆円、この数字は日増しに大きくなっています。
日本政府の借金は800兆円とも900兆円ともいわれています。

David Cameronはプレゼンテーションをこの質問で始めています

How do we make things better without spending more money? 
ただお金をブイブイ使わずに、どうしたら世の中はよくなるのか?

政府は借金を抱えるだけ抱えて、さらにお金を使っていく。

日本で行われている仕分けはお金の使いどころを切っていっています。でも、これは皆が感じているように抜本的なことではなく、バンドエイド的なものです。

この14分のプレゼンテーションでDavid Cameronが言いたいことは以下だと思います。

情報技術の革新的な進歩を正しい政治哲学のもとに使用することによって、政府や公共サービスを変えることができる。その結果、人間にとって大事なもの、家族、友だち、環境、達成感、幸福、価値観、やりがいを充実させることが可能である。

情報技術の正しい使用法とは、すべて公開することです。政府が使う1円でも、どう使われたか分かるようにする。それが誰にでも簡単に見れるということです。

情報を人に与えることは、人に力を与えることにもなります。政府は力を失い、民衆がもっと力を持ってくるということです。

日本語はないようですが、英語のサブタイトルがでます。とても簡単な英語で話しています。サイトアドレスは写真の下です。

TEDのプレゼンは、ituneのpodcastにもダウンロードできますよ。学校や会社に行く時に繰り返して聞けば、いいアイデアを知ることができて、しかも良い英語も学べます。


Domokun_Online.jpg
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。





posted by ichiro at 11:35| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...