2010年04月07日

ドキッ


iStock_000009712604Small.jpg


ドキッとしませんか、以下?


ダメな会社(組織)は、

社長が部長の仕事をし、
部長は課長の仕事をし、
課長は係長の仕事をし、
係長は平社員の仕事をしている。
それで、平社員はというと会社の将来を憂えてる。
 
(一倉定 経営コンサルタント)

経営者(上司)となったからには、部下の仕事に逃げ込んでは行けません。

経営(企業全体・部門)の本質とは、企業(組織)の方向付け資源の最適配分人を動かすの3つです。

(小宮一慶 経営コンサルタント)


このところ、小宮一慶さんの本を4,5冊、読みました。とても興味深く、社会人にとっての教科書に感じました。
経営コンサルタントなので、民間企業の話しがほとんどですが、とても勉強になります。

小宮さんによると企業は二つのタイプに分かれる。内部志向と外部志向の企業。外部志向の企業はお客さん第一、どうお客さんにサービスするのかが、焦点になっています。一方、内部志向というのは、外部のことより内部の会議が大事だったり、個人の出世や内部の政治にほとんどのエネルギーと時間を費やしています。

公的機関や国連に入る人のなかには、人のためという志をもっている人がたくさんいますが、いつのまにか組織・個人が超内部志向に陥ってしまっている場合も多々あります。

どうしたらもっと外部志向になれるのか、一人一人の考え方が変わらないと、組織は変わらないだろうなと思います。


iStock_000009598702XSmall.jpg
いつもお読みいただきありがとうございます。




 



posted by ichiro at 11:38| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国連改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...