2009年11月02日

Global Gender Gap Report 2010


数日前にWorld Economic ForumがGlobal Gender Gap Report 2010がでたようです。これは、男女間にある差を4つの視点から計測して、その総合点(インデックス)で世界ランキングをつくったものです。
http://www.weforum.org/en/Communities/Women%20Leaders%20and%20Gender%20Parity/GenderGapNetwork/index.htm

日本は134カ国中、74位でパキスタンは132位にランキングされています。

ちなみに、トップ3はアイスランド、フィンランド、ノルウェイ。アジアでのトップはフィリピンで9位です。

ちなみに4つの視点とは
  1. Economic Participation and Opportunity (給与格差や管理職登用など経済活動への参加)
  2. Educational Attainment (教育機会・到達度・識字率)
  3. Health and Survival(寿命と生誕の比率)
  4. Political Empowerment (政界への進出度)
4つの視点のうち政界への進出度が日本は著しく低いです。これに関しては日本は134カ国中、110位。

また、意外に思われるかもしれませんが、3番目の教育も日本は84位と低いです。識字率や小中高の教育機会では差はほとんどないので、その上のレベルでの教育機会に男女の差があるためと思われます。

自分は専門家ではないのですが、こういう事実を認識しつつも、日本での男女間の差を人生全体でみてみると、日本の男の人は少々可哀想な気もしてきます。

たとえば、日本での年間3万人を超える自殺者の7割〜8割は男性で、特に50歳を超えてその数は大きくなってきます。http://www.lifelink.or.jp/hp/statistics.html

日本では特に、年配の方をみると女性は強く、益々生き生きされていて、男性はどちらかというと頑固・閉じこもりになる傾向があるように感じます。すこし前のベストセラー本「話を聞かない男、地図が読めない女」によると世界的にこの傾向は多少あるようですが、、。

その本によると、世界の男はみんなテレビのリモコンでチャンネルを数秒でチコチコ落ち着きなく変えているようです。また、ほとんどの男ははおならは「最高のエンターティメント」と思って勘違いしているとのことでした。

すいません、まじめなレポートの話が変な方向へいってしまいました。でも、国によってジェンダー、男女差に関する課題は複雑ですね。


 いつも応援ありがとうございます。 以下、クリックお願いします。
http://blog.with2.net/link.php?839217  (ブログランキング)
posted by ichiro at 11:44| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育開発プロフェショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131829462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...