2009年09月16日

スイッチ・オン

途上国で援助の仕事をしていると、ネガティブな精神状態になりイライラすることがある。

そんな時、こんな考え方・認識の転換はどうですか?


  • なんてひどい状態なんだ、この国に明るい未来はないだろうな。

だから、自分は途上国で仕事をすることを選んだ。
すこしでもいい方向になるように何かができるはずだ!


  • もう能力とやる気のない人ばっかり、、

だとしたら、自分みたいな普通の人でも役立てる。


  • なんで援助ってこんな消化試合(意味・効果の薄い)の仕事ばっかり?

援助は複雑なもの、だったら自分がすこしでも意味のある方向へもっていく


  • どうしてみんな自分のことしか考えないんだろう?

みんな、いっぱい・いっぱいでもがいてるんだなぁ。なんとか助けてあげられないかなぁ。
社会は政府は守ってくれない、だから家族や生活を守るのに一生懸命なんだろうな。


  • みんな口ばっかり達者でなにもしない!

まてよ、彼らのほうが内容はともかく発する技術ということで秀でているということ。
その技術いただこう。


  • 普通・常識的にはこうでしょ。

ちょっとまって、それって日本人独特なんじゃない?日本は特別だからなぁ。 


  • 秩序もなにもない、なんでもありじゃないか、、

そうか、じゃあそこを利用しよう。 なんでもありなら、こっちもやりやすい。
posted by ichiro at 10:48| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 途上国の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。