2009年05月05日

無視される女の子達

UNITED Nations Interagency Task Force on Adolescent Girls というグループが2007年につくられた。参加機関はILO,UNESCO,UNFPA, UNICEF, UNIFEM,WHOの6つ。

そのグループが作成したものが、これです。UNJointDocument6-1.pdfUNJointDocument6-1.pdf

タイトルは "Girl Power and Potential" A Joint Programming Framework For Fulfilling the Rights of Marginalized Adolescent Girls.    

こういう場合の"Framework"は聞き慣れないかもしれないが、要するにガイドラインで「この分野で何かをするならこういう重要なところがあるから忘れなさんな」といったようなもの。

Marginalized Adolescent Girls をどう訳するとしっくりくるのか、軽んじられている、無視されている、無用と思われている若者女子。 むずかしい、、。

文中にあるように、例えば文化的な影響で害をうける子、社会的に除外されている子、危険な地域に住んでいる子、十分に保護を受けていない子、教育から除外されている子、身体的か精神的に障害をもつ子、等がそのMarginalized Adolescent Girlsとされている。

そのような子達を対象になにかプログラム(活動)を始めるなら以下が重要な点とのこと。
  1. 意識的にその子たちをみつける努力をする。
  2. その子たちの居場所の把握をする。(マッピングする)
  3. 直接その子たちと話す
  4. 情報とデータを集め、分析する
  5. その子たちの状況を把握する(どういうところへアクセスがあるか、安全か、利点は?)
  6. その子たちを巻き込み訓練をデザインして、その子たちの技能をたかめる
  7. その子たちの年齢に適した方法をとる
  8. 女の子のみが参加する活動を促進する
  9. 女の子が憧れるようなリーダー・メンターを見つけ出し育成する。
  10. 女の子だけが集まれるスペースをつくる
  11. 生計がすこしでもたてられるようにする
  12. いろいろなことに参加をうながす
  13. 家族とコミュニティーを巻き込む
  14. 男性と男の子(偏見をもつ)にも働きかける
  15. 地方自治体や政府を巻き込む

02060010.jpg
posted by ichiro at 10:49| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | UNICEF UNESCO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。